記事一覧
真菌感染症の治療には抗真菌薬と治療器があります

真菌感染症は、通常肺や皮膚から始まり、薬や病気によって生じる免疫機能の低下がない限り、真菌感染症が重傷化することは稀で、通常ゆっくりと進行していきます。 真菌は、顕微鏡でないと見えないものもあり、小さな胞子をまき散らして繁殖します。このような胞子は空気中に浮遊していることが多く、吸い込まれたり、体の表面や皮膚に接触することで、肺や皮膚から発症します。ただ人に感染を起こすものはごく一部で、真菌感染症が人から人へと移ることは稀です。 真菌の治療は、真菌の種類によって異なりますが、多くの場合治療の基本は抗真菌薬となります。 真菌感染症の一種である水虫は、抗真菌薬での治療が一般的ですが、抗真菌薬を使わずに、自宅で治す水虫治療器というものも販売されています。使い方は水虫にかかっている患部に紫外線をあて、水虫の原因である白癬菌を殺菌します。 フットバスのような器具で、足をいれてスイッチを入れるだけなので、使い方も簡単で短い時間でも効果があるので、忙しい人にはおすすめの治療器です。 またハンディタイプの治療器もあり、直接紫外線を照射できるので、気になる部分に直接紫外線を当てて治療することが可能です。 ただ紫外線は日焼けの原因やシミやそばかすの原因となるものなので、長時間照射するのは足にとってもよくありません。紫外線で皮膚ガンになることはありませんが、決められた使用時間を大幅に越えて使用した場合には、細胞に影響が出ることもあるかもしれませんから、使用する場合には注意することが大切です。 また治療器は、皮膚の表面にある初期の水虫に効果があり、皮膚の奥深くまで症状が進んでいる場合には、あまり効果がありません。症状の重さや範囲によって抗真菌薬でしか治らない場合もあるので、気になる方は皮膚科を受診することをおすすめします。

2019年10月02日
水虫治療には抗真菌剤や緑茶洗浄や爪紫外線治療器

足の指の間や爪に水虫の症状を持っており、悩んでいる人は少なくありません。 指の間だけならまだしも、爪にまで水虫の症状が出てしまうと、変形したり、爪が白く濁ったりして、他人からも分かってしまうようになるので、外見上でもコンプレックスを抱いてしまう原因になります。 水虫になったら、皮膚科に行き治療することがほとんどです。 まず皮膚科に行くと、これまでの生活習慣や水虫になりやすい環境であるかどうかチェックしてくれるはずです。日常生活や仕事上でも水虫を発症しやすい環境であるとその指導もあります。 皮膚に真菌がいて水虫であることが確定されれば、抗真菌剤の投与が始まります。この抗真菌剤は、軟膏クリームもあります。また内服で抗真菌剤を処方されることもあります。爪水虫の場合は、液体リキッドタイプの抗真菌剤もあります。外用薬も安全性が高く、良く治療に用いられますが、水虫の菌は皮膚の奥深くに入り込んでおり、効果的なのは、内服薬と外用薬の併用だといわれています。 次に日常生活で、一日の終わりに入浴をしますが、この時に緑茶で足を洗うことが水虫に効果的であるといいます。緑茶に含まれるカテキンが、菌の撃退に効果があるのです。 足を洗うほかにも、緑茶を浸したタオルで足を吹いたり、緑茶の葉をそのまま靴下に入れるなども効果があります。また爪が変形するほどの水虫は、治療に時間を要しますが、爪紫外線治療器を使って、強力な紫外線で殺菌すると方法があります。爪紫外線治療器は通販などで購入して、家で使用することもできます。 また痛みも自分の好きな時間に使用することできます。そのため忙しい方は、家に一台、爪紫外線治療器があると水虫治療に役に立つでしょう。

2019年09月04日
抗真菌薬と炭酸泉治療を合わせて足の裏をケアします

水虫にはいろいろなタイプがありますが、どれも足の裏に症状が出ます。 し間型(しの漢字は足偏に止)場合は指のあいだ、特に薬指と小指のあいだがかゆくなるのですが、だんだん皮がむけ、足の裏にも広がっていきます。 小水泡型は足の裏全体に、文字通り小さな水泡ができます。 角質増殖型は、かゆみは出ないのですが、足の裏の皮が厚く硬くなり、そのうちにひび割れなども起こってくるというものです。いずれも足裏に関係してきます。 水虫というのは真菌というカビの一種の水虫菌によって起こるものですから、治療は抗真菌薬を用います。 それを早い段階で塗っていくことが大事なのですが、その場合気をつけなくてはいけないのが、「自分で水虫だと思っているけれども、実は水虫ではない」というケースが結構多いということです。 例えばどれだけ足裏がかゆくても、調べてみて水虫菌が見つからなければ、水虫ではなく他の皮膚疾患ということになります。また、小水泡型水虫と同じように水泡ができても、それが膿を持っている場合は別の病名のことが多いですからその場合も注意します。 それで水虫とわかった後は、抗真菌薬をコツコツ塗っていき、治療していきます。 最近続々と炭酸泉治療が水虫に効くと言われるようになってきました。 炭酸泉というのは二酸化炭素が250ppm以上入っているものを言い、さらに1000ppm以上だと高濃度炭酸泉となります。これらはいろいろな効果をうたっていますが、水虫に関しては「水虫の予防」としていることが多いです。 血流をよくするといった点がそれにあたるのかもしれませんが、真菌(カビ)の水虫菌の治療には抗真菌薬でなければ効きませんので、すでに水虫になっているものをこれ幸いと炭酸泉治療だけで治すことはできません。 あくまで予防のものです。しかし足を清潔にしますから、抗真菌薬と炭酸泉治療を並行して行なうと効果的ではあります。

2019年08月08日
水虫の足の痒みにカビキラーが効く?抗真菌薬を使おう

足のかゆみがなかなかおさまらない時に、真っ先に想像するのが、水虫でしょう。 水虫は白癬菌というカビの一種が悪さをしています。 カビは真菌と呼ばれ、足の間や裏などの、汗や温度で蒸れやすい場所に付着します。 他人にうつすことでもよく知られていますので、足のかゆみがなかなか引かないのであれば、抗真菌薬などを用いて、治療を開始するのが望ましいです。 白癬菌はカビの一種であることから、カビキラーによる民間療法に頼る人がいます。 カビキラーはバスやトイレ、キッチンなどの水回りに発生するカビを、取り除く効果があります。 確かにカビキラーは真菌に効きますが、だからといって足の水虫につけるのは無理があります。 そもそもこの製品は、皮膚につけることを想定して作られていません。 むしろ、皮膚に液がつかないように使用することを、注意しているほどです。 強い成分が皮膚を傷つけてしまい、水虫だけでなく、皮膚の機能を低下させる問題が発生する恐れがありますから、絶対にやめましょう。 足の水虫に対しては、ドラッグストアなどで売られている、水虫向けの抗真菌薬を使います。 多くが塗り薬タイプですが、爽快感のあるスプレータイプも存在します。 この抗真菌薬を塗り続けることで、足のかゆみが緩和され、場合によっては治すことも可能です。 しかし、市販の抗真菌薬を使っても足のかゆみがおさまらないのであれば、他の原因が隠されている可能性を考慮し、皮膚科のある病院で診断を受けることをおすすめします。 むしろ、市販品に頼るより先に、病院に向かった方が、正しい治療法が分かりますので治りが早くなります。 病院へ向かう前に市販の薬を使うと、検査が上手くできない場合がありますので、注意してください。

2019年07月23日
抗真菌薬が効く場合と乾癬が原因の爪疾患の種類

抗真菌薬は真菌が原因で発症する、身体の様々な症状を治療するために用いられるものです。 真菌の増殖を抑えたり、死滅させる効果があります。 世間一般では水虫治療薬が、有名です。 病院で処方されるものの他に、市販の抗真菌薬にも効果の高いものがあります。 水虫は爪の部分にもできます。 足に限らず、手の爪にも症状が出ます。 爪が脆くなったり、白く濁るなどしますので、このような状態になったら爪水虫だろうと判断しがちですが、爪の異常には水虫以外に、別の種類があります。 爪水虫と似たような症状の種類として、乾癬と呼ばれる病気があります。 乾癬は爪がデコボコになったり、白や黄ばんだような状態になり、爪水虫の症状とよく似ています。 ならば乾癬にも抗真菌薬が効きそうな気がするでしょうが、この病気は現在のところ原因がはっきりとしておらず、抗真菌薬が使われる真菌のように、人にうつることがありません。 この病気の治療では抗真菌薬ではなく、皮膚湿疹などでよく用いられるステロイド外用薬や、ビタミンD3外用薬が使われます。 他にも内服薬を使ったり、光線療法、注射や点滴などを用いる抗体療法といった治療の種類が存在します。 乾癬は爪の部分だけでなく、腕や背中などにも発症します。 関節炎を発症する場合には、痛みが出ますので、この場合には痛み止めの内服薬で緩和させます。 入浴などで体温が高くなった時にかゆみを感じることが多いですが、水虫のような強いかゆみは出ません。 原因が不明であることから、不安になる病気ですが、患者の3割から7割程度が病院での治療によって、完治できることが分かっています。 再発をしやすい割には、自然に症状がなくなることも多く、生活習慣の改善が有効であるとされています。

2019年06月23日
抗真菌薬買うなら個人輸入代行業者を利用しよう

真菌とはカビのことで、よく知られているのはものに足白癬(水虫)があります。 この白癬菌が頭部に感染するとシラクモ、体部に感染するとタムシやゼニタムシ、股に感染するとインキンタムシと呼ばれます。 この皮膚の表面に感染している場合は、市販の抗真菌薬を少なくても4週間(皮膚のターンオーバーが終わるまで)使用すると完治します。 焦らず、町の薬局とかドラッグストアでクリームかスプレーの抗真菌薬を手に入れ使用師継ぐければ完治します。 真菌は、湿度の高いところを好みますので、家ではソックスを脱いでおくとか、家庭内を清潔にしておくとかの注意点も守る必要があります。 特に、バスマットとかスリッパを通して家族内感染をしますので、このようなものも清潔に保っておく事が必要です。 しかしながら、免疫力が落ちた人がかかるカンジダ症とか、爪に白癬菌が感染した爪水虫は、抗真菌薬を飲まない限り完治はしません。 カンジダ症の場合は、治療薬が腸から吸収されませんので、たとえば食道カンジダ症の場合は、食道のカビに抗真菌薬を投与できるが、その薬が体内に入らないので副作用は、殆ど現れないと言う利点があります。 飲み薬の抗真菌薬は、現在の日本では医師の処方箋がない限り手に入る事はできません。 そして、爪白癬では、爪が生え換わるまで飲む必要があるために、治療に3カ月から6カ月かかってしまいます。 専門のクリニックに3カ月から6カ月通わなければなりません。 通う事が不可能な人が、抗真菌薬を手にいれる方法は、個人輸入代行業者を利用すると言うことです。 自分がほしい抗真菌薬のジェネリックも個人輸入できますので、金額的な負担もそれほど感じることなく利用する事が出来ます。

2019年06月05日
水虫の種類とそれぞれの症状に合った効果的な薬

水虫と一口に言っても種類は様々です。 水ぶくれが出来る、指の付け根の皮がむける、あかぎれのようになるなど、それぞれに対応する薬選びも大事です。 これらの症状は一般的に水虫と呼ばれていますが、実は「足白癬」という名称です。 あしはくせんと読みます。 これは白癬菌が足の指や裏など、皮膚の角質やその皮下組織を侵食することで炎症などが起きる感染症です。 白癬菌を始めとした水虫の原因菌は、全てカビの仲間です。 カビに対して使われる薬を「抗真菌剤」と言い、現在まで様々な薬が抗真菌剤として利用されてきています。 その中でも様々な用途に効くものや狭い範囲で効くもの、効果の高いもの、低いものなど、いろいろな種類のものが存在するのです。 水虫の原因であるカビ、白癬菌の種類は非常に多く、人と動物に観戦するものが多くあります。 その数は種類以上です。 このうち人に感染するのは日本では10種類ほどと言われているようです。 特に感染しやすい白癬菌はトリコフィトン・ルブルムという紅色菌、トリコフィトン・メンタグロフィテスという主に小水疱型の水虫を引き起こすものです。 特に前者は水虫の原因菌の約80%を占めています。 さらに再発しやすい厄介な水虫です。 まずこれに効く薬ですが、初期の場合、抗真菌剤外用は効果があります。 しかし大抵は抗真菌剤内服治療が必要となります。 これは内服によって治療を進めるものですが、一度治療を始めると大体は4週間以上の間飲み続ける必要があります。 トリコフィトン・メンタグロフィテスの場合はルリコナゾールという成分の含まれた薬が適しています。 これは水虫治療に幅広く使われている薬で、刺激痛などの副作用も比較的無いので使用しやすいものです。 それぞれの水虫の症状や有効な薬のことをよく知ってきちんと水虫を直していきましょう。

2019年05月21日